2006年06月06日

ひぐらしのなく頃に 第9話 「祟り殺し編 其の壱 兄」

higt1-1.JPG

沙都子にスポットが当たった祟り殺し編です。
今回は怖いというより、グロい感じのオープニングでした。内臓とか飛び出してる一コマとかあったんですが、見ていて気分を悪くするといけないのでキャプは抜きませんでした。

沙都子の両親が3年前の綿流しの際に転落死したダム誘致派の夫婦であるなら、悟史はその弟一家の息子だから、正確には兄ではなく、従兄弟なのでしょうか。

higt1-2.JPG

ここにきて監督を名乗る新キャラが登場。綿流し編にしか出てこないと思っていた詩音も姿を見せます。
今のところ、キャラクターが語っている話の内容は今までの復習みたいな感じでした。ただ、悟史に関しては転校ではなく行方不明であるという事実がはっきりしましたね。

そして久しぶりに豹変レナが帰ってきました。
やっぱりレナはこうじゃなきゃいけません(笑




aiconbr←毎度ありがとうございます
posted by 黒都 眞 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(1) | ●TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ひぐらしのなく頃に 祟殺し編 其の壱 「兄」
Excerpt:  両親を失って、  しかし健気に力を合わせて生きる少女たち。  支えてやりたいと思う、優しい人たち。  ……圭一もまた。  しかし貴重な優しい日常は、  次第に “毒” に蝕まれつつあっ..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2006-06-09 23:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。