2006年05月25日

BLACK LAGOON 第7話 Calm Down.Two Men

一歩間違えばレヴィはベッキーと呼ばれてもおかしくなかったわけですね。

bl7-1.JPG

いや、ローワンはもっとこうさ、イイ感じにイカレた陽気が欲しいのよ。まぁ要はアレです。もっとテンションが欲しい(笑

ホテル・モスクワっていうのはロシアの大マフィアな訳で、その大幹部であるバラライカが裏ビデオチェックのお仕事をしているのは何とも面白い。バラライカの冷徹っぷりは物語が進むにつれて垣間見れますが、その彼女が抜けた表情を見せるのが、大悪党である彼女を魅力的に見せている要因のひとつかと。

それはそうと、レヴィは尻に興味が(えー

そしてもう、何だ。このイカレた教会は。素敵過ぎる。エダは既にガンマンとして描かれていますが、ここでヨランダ婆さんがガトリング砲とかぶっ放してくれたら言うことなし!

bl7-2.JPG

ハードボイルドな色気が漂う名シーン。

後半は原作を忠実に追ってはいるのですが、イマイチ原作の表情が出せていない感じが・・・


aiconbr←ペッツのオマケにぽちっとどうぞ
posted by 黒都 眞 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(7) | ●TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18333609

この記事へのトラックバック

BLACK LAGOON ブラックラグーン #07「Calm Down, Two Men」
Excerpt: 惚れたっ!・・・キミの才能に。 もうロックが格好良過ぎです(>▽<) 2話以来活躍の場が無かったので余計に目立ちます。 ロックはネゴシエーターの才能がありますね。 前回襲撃した船はあのまま放置です..
Weblog: 黒貂の珍味(仮)
Tracked: 2006-05-25 06:33

BLACK LAGOON 第7話
Excerpt: 第7話「Calm Down,Two Men」 ポーランド人が電球を取り替える時、何人必要? 電球を持つのに1人、家を回すのに99人! うん、99人いれば家回せるかな・・・って、Σ\( ̄ー ̄;..
Weblog: 孤狼Nachtwanderung
Tracked: 2006-05-25 13:05

『ブラックラグーン』 第7話 観ました
Excerpt: 前回、発覚したレヴィーとロックと確執を解消するべくダッジはこまごまとした面倒なお使い(レヴィーの言を借りると『子供のお使い』)を、二人で行って来いと放り出した。 積荷のリストの受け渡しに、バラライカ..
Weblog: 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
Tracked: 2006-05-26 02:35

BLACK LAGOON 第7話
Excerpt: 透け乳首とかあえぎ声とか よく地上波でやれたな 結構原作再現してるけど いろんな意味でギリギリな気がww ハンドガンにグラサンでガム噛んでたり、 眼帯してるシスターとか、..
Weblog: 世界のどこかでアホ毛と叫ぶ
Tracked: 2006-05-26 17:39

BLACK LAGOON 第7話 「Calm Down,Two Men」
Excerpt: ロックの度胸と弁駁、凄ス・・・。 《上司の機嫌をとって頭下げて、ラッシュに揺られ、勤務成績に命張ってきた。 そんな世界から抜け出させてくれた、 違う生き方に気づかせてくれた、 お前が、..
Weblog: 虹元の肖像
Tracked: 2006-05-27 05:32

BLACK LAGOON/ブラックラグーン #07「Calm Down,Two Men」
Excerpt: 仲直り話って言葉だけだと随分穏やかそうだが、ブラクラでそんなアレなソレが存在するわきゃーない。 アレな台詞の飛び交う硝煙くさいソレに決まってる。
Weblog: こころに いつも しばいぬ
Tracked: 2006-05-29 22:36

BLACK LAGOON「Calm Down, Two Men」
Excerpt: ブラック・ラグーン 1 (1)小学館広江 礼威このアイテムの詳細を見る  潜水艦での一件以来険悪ムードのロックとレヴィ。雇用主のダッチとしては従業員同士の融和を図らなくては今後の業務に支障が出るって..
Weblog: KenjiMのブログ〜アニメと野球と音楽と
Tracked: 2006-05-31 10:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。