2006年07月09日

うたわれるもの 第13話「血塗られた戦い」

uta13-1.JPG

カルラのアドバイス(?)が功を奏したかどうかは解りませんが、ハクオロが元気になったところでいざ決戦です。

オリカカンとハクオロを戦場から遠ざけ、その間トウカをオボロ、ベナウィ、クロウ、カルラというオールスターで取り囲んで足止めをします。
・・・この間ハクオロの軍は誰が指揮をとってるんだ?

そしてハクオロは真相を問い詰めますが、どうやら一連の騒動にはニウェが一枚噛んでいたようです。しかもニウェの横には翼の生えた青年が・・・
カルラ・トウカ両名の回収イベントを経て、ようやく本来の敵が姿を現しました。さてさてどうなるのでしょうか。





aiconbr←・・・押す?
posted by 黒都 眞 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(3) | ●TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うたわれるもの 第12話「動揺」

ハクオロは本当に悪漢ラクシャインなのか、と題名どおりに動揺したりしなかったりする12話。
ただ、今回注目するのはハクオロがラクシャインかどうかではなく、トウカの動向でしょうね。この侍娘、今後ハクオロの側につくのは明白な感じがしますが、それがどのような経過をたどるかってのが今回のメインかと。「動揺」ってたぶんハクオロサイドだけじゃないと思うのですよ。
まぁたぶんラクシャインじゃなかった→義がこっちにあった
くらいの流れで仲間になってしまうのかなぁーと思いつつ。よい意味で期待を裏切ってくれるよう期待します。
posted by 黒都 眞 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ●TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BLACK LAGOON 第12話「Guerrillas in the Jungle」

bl12-1.JPG

え、これで最終回ってマジですか。双子はやらないんですか?
せめて日本編までは見たかったのですが、それにしたってなぜ最後のエピソードをこれにしたんでしょう。まぁ話数の問題だってってのはわかってるんですが・・・

レヴィがニューヨークで何をしていたか、というのは原作でもまだ語られていないようですが、潜水艦の時の話と今回の話を照らし合わせると、何となく見えてくる気はしますね。
ちなみにヘリでやってきたエージェントは、「shock up」という作品でも登場しています。

ぜひとも第二期やって双子編と日本編をやってほしいですなー




aiconbr←ぽちっとどうぞ
posted by 黒都 眞 at 11:50| Comment(18) | TrackBack(2) | ●TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BLACK LAGOON 第11話「Lock'n Load Revolution」

bl11-1.JPG

誰が何と言おうと張さんが格好よすぎる11話。
レヴィと張さんの最強二挺拳銃コンビのファイアダンスはまったく素晴らしいのですが、今回の話は色々と諸事情にもならん諸事情が。
原作で描かれていた相手側。つまり敵ですが、某宗教の過激派ということになってますが、それがやんわりと排除されています。イブラハもターバン巻いてなかったしな(笑
そーいや原作の題名に思い切りジハードって書いてあったし。

そしてもうひとつ。双子のエピソードをすっ飛ばしてるので、張さんが自前の銃を持ってません。
あの天帝ロゴマーク入りのベレッタM76が!変なブローバックが見れると思ったのに・・・



aiconbr←ご協力お願いします
posted by 黒都 眞 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ●TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。